きみのそばで会おう

いくつもの分岐点に僕等は出会うだろう

内示でやっと赴任先がはっきりしたので、
さっそく9日に福岡に飛んで、新居を決めてきました。
なんとなく本社の予想をしていて、かなりの物件をチェックはしていたので。
どれくらい時間がかかるかわからなかったから、
朝一の飛行機で飛んで、ホテルに泊まるようにしてたんだけど
思ってたよりも早く決まって、夕方から福岡のお友達と合流して
お茶&ご飯してきました。
やっぱり今の社宅の広さに慣れちゃうと、
普通のワンルームじゃ荷物が入らなくって(^^ゞ
毎日お風呂につかる私にとって追い炊き機能が欲しかったけど
今のマンションって付いてるところ少ないんですね。。
まあ、それ以外は理想に近い物件と巡りあえて良かったです。

翌日は朝から関東に返ってきて、結婚したお友達の御宅にお邪魔してきました。
可愛い食器もいっぱいの素敵なお部屋で、
明るく面白い旦那さんともご挨拶出来て良かった。

7人で集まるのも、これが最後になるかなぁ…と寂しくもありましたが…

お誕生日のお祝いもしてもらいました☆

RIMG2185-2.jpg

虹色のピンキーリング。
ケーキ出てきたときのBGMが『贈る詩』じゃなくて『虹』だったのは
これだからか(笑)
ちょうど7人で虹色っていうのも素敵。
ピンキー無くしちゃって欲しかったから嬉しかったです☆
いつも着けて、辛くなったり寂しくなったりしたら
見てみんなを思い出そうと思います。
ありがとう♪

スポンサーサイト

Way

ちょっとの間貼っておきます~

ご報告

長い間放置していて、ごめんなさい。
サボっていたのもあるのですが、ここ二ヶ月近くの行動のほとんどが
今から書くことに基づいていたから、書けなかったんです。

本日、正式に内示がありましたので、ご報告致します。

私、7月1日から福岡へ転勤することになりました。

本来内示は今日なのですが、私が11年近くいたので引継ぎが大変なこと、
後任が社員ではなく派遣さんになることを考慮して
支店長から4月20日に内々にお話がありました。

私自身はずっとこちらに居たくて希望は出していたし、
こちらの支店で必要とされるよう最近は営業の仕事も積極的に手伝っていたし、
こちらに来たがる女性社員もいないから安心していたので
本当に寝耳に水で…

社長と取締役の意向ということで断ることもできないし、
かといって会社をやめてまで関東に残る決断は私にはできませんでした。

転勤の理由としては、
・11年は長すぎる。その人がいないと支店がまわらなくなるのは問題。
・私のスキルアップのためにも、順応性が高い、若いうちに異動したほうがいい。
などなど。
でも、やっぱり、どこかに必要とされていて転勤するわけでなく出ることだけ決まってるという矛盾と
今後厳しいこの業界を乗り切るためにも一般企業相手の東京支店が売上をのばさないといけない
この時期に、営業さんの負担を増やすこの人事はとても腑に落ちませんでした。

だけど、所詮1社員。
どうすることもできない。

ライブや舞台は、ご存知のとおり思いのままに通ったので、ほぼ後悔はありません。
といいつつ、やっぱり新しいスケジュールを聞くと寂しくなりますが…
「どうせ、福岡に行っても遠征しまくるんでしょ?」って言われたけど
あちらに帰ると社宅もないし、都市手当もなくなるので
私の自由になるお金が実質月5万くらい減るので、今までのようなことは無理です。
それでも、まあ、地方の公演に参加して、たまに遠征できれば
今は満足できると思います。
ただ、やっぱり、関東のお友達と離れるのが一番寂しくて。
声をかければ会社帰りに飲みにいけたり、
毎月のようにお泊り会をしたり…
そういう距離でいれなくなるのが想像できませんでした。
やっぱり、当たり前のことなんて、ないんだなぁ…
地震もまだまだ続きそうだし、心配なこともたくさんあります。

一人でこの気持ちを抱え込むのが辛いのと、
残された時間が少なかったので、その日の夜に関東のお友達に伝えたら
みんなが私以上に取り乱していて、逆に私がなだめる立場になっちゃって
なんだか笑っちゃいました。
ありがとう。

しばらくは落ち込んでばかりだったけど、
そんなふうに毎日をすごすより
みんなと過ごすことができる残された時間を
楽しんで大切にすることにしました。

一緒にお買い物に行ったり、SUPER JUNIORやミスチルやゆずのライブに行ったり。

ゆずの15周年に、二人が結婚したこの年に、こうなったのも運命か…
2001年、福岡から始まったトビラツアーの最中に、福岡から東京に上京し
そのあとゆずの東京ドームに参加しました。
関東で最後に参加したゆずのライブも東京ドーム。
そして、今度のツアーもまた、福岡が初日。
やっぱり、何か、偶然ではない気がします。
一昨日、実家のワンコが癌で亡くなったのも
まるで私が実家にすぐ帰れる距離にもどって
両親が少し寂しくなくなるのを待っていたかのようだし。

ゆずの『with you』やSUPER JUNIORの『Way』がこの時期に発売されたことも。
ゆずがドームの最後に『友達の唄』を唄ってくれたことも。

この11年間の出逢いも思い出も大切な宝物。
消えることはない。
だから、大丈夫。
前に進まなくちゃ。

「あぁ 世界は薔薇色 全ては捉え方次第だ♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。